Material Romeo – まてりある・ろみお

サラリーマンはカッコいい

*

知らなかった。FAIRFAXにセッテピエゲがあったとは。

   

今日、そごうデパートに用事があったので、そのついでに紳士服売場に立ち寄ったら、FAIRFAXが大売り出し中でした。
FAIRFAXといえば、昔からある代表的な日本ブランドです。日本ブランドらしく、妥当な価格設定で実直に質のいいネクタイを作り続けています。

ただ、一方ではデザインに面白みが無いといいますか。
イタリア・ブランドのような凝ったデザインや鮮やかな配色のものが好きな人にとってはちと物足りない感は否めない。
なので、ソリッド(無地)のネクタイはFAIRFAX、という人もいます。

 

そんな良い意味でも悪い意味でも飾り気の無いFAIRFAXですが、セッテピエゲを売り出してました。
正直、「え!?FAIRFAXってセッテピエゲあんの?」と驚いてしまい。。。

 

セッテピエゲという、なんとも言いにくい単語はイタリア語でして、七つ折りのネクタイです。
ネクタイに変わりはないのですが、通常のネクタイの2倍の生地を贅沢に使って、かつ芯地を使わないので、かなりフワっとした豊かなドレープ感が得られます。
ネクタイというよりも、スカーフを折ってネクタイの形に近づけた、みたいな感じです。なので、かなりドレッシー。

 

※ちなみに下の画像はAngelo Fuscoというイタリアブランドのもの

 

imgrc0067241066

 

ただ、高い。

 

そもそも高級路線のブランドしか作らないんですけど、大体国内相場で3万円弱が多いですね。
Marinella, Tie Your Tie, Kitonあたりが得意とするものです。ブルガリも得意ですね。セッテピエゲは。

 

ネクタイ1本3万円。。。

 

まあ、量販店ならスーツ一着買える金額ですけどね(笑)

 

それでも男性を惹き付けるセクシーさというか、そういうものがあるんですよね。

 

そんな、ネクタイの最高級形態ともいえるセッテピエゲを、FAIRFAXが作ってるなんて。
しかも価格は16,200円

 

ネクタイ一本としては決して安くないですけど、前述の通り、他のブランドでは3万円くらいしますから、約半額。
これを高いと考えるか安いと考えるかは、その人のネクタイに対する価値観によるけれど、少なくともセッテピエゲが好きな人にすると安いと思います。

 

ただ、汎用品としての展開ではないようで、あくまで百貨店とのコラボものという位置づけで売っているようです。
まあ、そごうでもやって、阪急でもやってるから、大体の百貨店で手に入りそうですけどね。
http://yurakucho.today/enjoy/p5669/

 - ネクタイ