注目の記事 PICK UP!

久々にPRESIDENTを読んで靴磨きの大切さを再認識 〜 やっぱビジネスマンは足元から

tumblr_nb2l5nadKo1s8t0hto1_500 2

今月、久々にPresidentを読みました。


IMG_0050

IMG_0049

前はよく買って読んでたんですが、引っ越して職場が徒歩圏内になったので電車に乗らなくなった事や、子供が生まれてから読書する時間が減った事もあって、雑誌といえどちょっと久しぶり。
その中で、靴磨きに関する記事があって、中々面白かった。

 

私は元々、靴磨きって好きで毎週末やってたんですけど、最近はかなりさぼり気味だったんですよね。
だけど、この記事よんで改めて靴磨きの大切さを実感。衝動を抑えられず即効で靴磨きました(笑)

 

一流の人間ほど靴には気をつかう、は本当か?

 

一流の人ほど靴には気をつかうっていうのは昔からよく言われてる事ですよね。
別に靴磨きをしたからって出世するワケではないでしょうけどね。靴がいつも綺麗だから評価が上がるっていう事はないでしょうし、ってゆーかそんな評価軸どうかしてるし。

 

でも、もっと深い部分できっと因果関係みたいなものがある気がしてならない。

 

最低限、他人に不快感を与えない

 

当たり前なようで、当たり前じゃないのが、不快感を与えない身だしなみなんじゃないでしょうか?
とりあえずスーツ着てネクタイして革靴はいてればいい、みたいな人って結構多い。シャツやスーツがシワシワで、靴も汚れていて、、、やっぱり見ていていい気持ちはしません。

 

自分が良く見えるとか以前に、こういうのは相手への気配りみたいなもの。
それができない人は当然、上にいく事もないでしょう、って話です。

 

靴で変わる立ち振る舞いと雰囲気

 

きっと、こまめに靴磨きをしている人は分かると思うんですが、週末、サザエさんとか見てご飯たべて一息ついて、、、明日からまた仕事だから靴でも磨いちゃう?的な事をしますとですね、月曜から気持ちが入るといいますか。ピカピカの靴に足を入れると、なんかこう背筋がシャキっと伸びてきませんか?

 

そうなると、ネクタイの曲がりとかスーツについたホコリとか色々気になってくる。
そういう意識があれば当然、身だしなみは綺麗になりますし、所作も美しくなってきます。

 

あと、靴に気を遣う人って大抵、スーツとかネクタイにも気を遣ってる。
靴だけ気を遣ってる人ってあまりいなくて、むしろ、スーツは結構いいの着てるけど靴は汚い、みたいな人の方が多いんじゃないですかね。決して高いものでなくても、きちんと靴を手入れしている人はやっぱりスーツも変なサイズで着たりしないし、全身にケアが行き届いています。

 

その対極に居るのが、ズボンはダボダボ、シャツの襟は汚れていて、ネクタイは安物のストライプかなんかのを絞めてるけど、長過ぎ、あるいは短過ぎな絞め方になってる。
で、TUMIみたいな頑丈なナイロンバッグを肩から下げてる、みたいな。なんとなくイメージできません?(笑)

 

単純にどっちのタイプが一緒に仕事していて楽しいか、って事ですよ。

 

あえてそこに時間と労力を使う事の意味

 

最後に1つ。

 

靴って、、、極論は安いものを履き潰してもいいと思うんですよ。
○○靴流通センターとか行って。手入れだって、モゥブレイとかのクリーム使わなくても先っぽがスポンジになってる靴クリームでグリグリやってもいい。

 

そこをあえて高い靴を買って、時間をかけて毎週磨く。

 

これって、効率だけで考えたら決して賢いやり方じゃないですよね。

 

だけど、そこにあえて労力を使える事の意味ってもんがあるんだと思うんです。
人に不快感を与えないように、モノに気を配り身だしなみを整える。貴重なプライベートの時間をそこに使うのは、実は大きな意味がある。

 

目先の忙しさにかまけたり、「今度でいいや」を続ける人は、仕事もそういうマインドになっていきます。
つまり、目先の仕事をこなすのが精一杯(見積もり対応とか)で常に納期に追われてる。急がないけど大切でもっと価値のある仕事があるって分かっててもついつい目先の事ばっかりやって後回し。

 

そういうのってボディーブローのように後から効いてくる。
急がないけど大切な仕事をいつまでも放置していれば、いずれ価値がなくなります。急がないとはいえ機を逃せば大抵の仕事はもはや何の意味もない事がほとんどです。その前にしかるべきタイミングでアウトプットを出せるように日頃から少しずつ進めておく、つまり、先読みしながら「パッと見目立たないけど実は大事な仕事」をきちんとものにしてアウトプットを積んで行ける人はそりゃ出世しますよって話です。

 

靴磨きにも似たようなマインドが働くんじゃないですかね。
靴なんて誰も見てない、とかちょっと汚れてたからって誰も気にしない、と考える人がこの先読み力を持ってるようには思えなくないですか?
目立たない事ほど重要で後から効いてくる。靴磨きに労力を惜しまない人はそういうのが分かってるから、上手くいくのかも知れませんね。

 

こんな事を考えると、なるほど。靴を磨いたからって一流になるワケではないけれど、少なくとも一流とされてる人は靴に気を遣ってるって事が腑に落ちました。

 

この雑誌の記事では南青山の靴磨き専門店Brift Hの代表もコメントしてました。
なかなかプロに靴磨きを頼むって事もないかも知れませんが、靴の本当の美しさを知るためには一回くらい経験しといた方がいいのかな?とか思ったり。やっぱ自分でやるのとは違うと思うんですよね。靴磨いてもらうのに高いお金出すのも何ですが1つ経験と思って今度チャレンジしてみようかと思ってます。実現した時はレポートする、、、かも。いや、する。

 

スクリーンショット 2016-04-27 0.09.54

出典:Brift H

 

Brift H : http://brift-h.com/shop/aoyama/

 

ちなみに、Brift Hでは宅配で靴を送って磨いてもらうっていう一風変わったサービスもあるので南青山までいけない人は是非試してみて下さい。
下の画像からサービスページへいけます。

 

アナタの靴を蘇らせて、一流の人が履く靴にしてみては?

↓ ↓ ↓

 

関連記事

  1. スクリーンショット 2016-01-14 23.54.32

    FENDIが最近アツ過ぎる。他のラグジュアリーブランドには無い、ぶっ飛び感に脱帽。

  2. スクリーンショット 2015-12-24 23.06.49

    最近、欲しいもの。PRADAのリュックはやっぱり不屈。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP