注目の記事 PICK UP!

桜色のPaul Smithで春を彩れ

IMG_2053

先日引っ越しをしましてちょっと更新が滞ってました。
ボチボチ部屋も片付いてきたので、通常運転でいきたいと思います!

 

てなワケで、さっそく。

 

今回紹介するのは、桜色のPaul Smithのネクタイ!

 

春といえば、、、桜舞い散る中に忘れた記憶的な

 

先日、春一番なんてのも吹きすさんでましたね。
まだまだ寒いですが、あっという間に春がきそうです。

 

春になるとサラリーマンの装いもちょっと変わってきますよね?
春らしい装い、というと淡い紫や、緑、水色といった柔らかく爽やかな色合いでしょうか。

 

でも。

 

それよりも何よりも、日本人にとって「春」といえば「桜」なワケでして、淡いピンクは鉄板です。
春に向けて一本は持っておきたいのがピンク系のタイです。

 

IMG_2053

 

 

新入社員みたくならないように、ディテールがオシャレなネクタイを

 

ピンクを始め、春に合う淡い色合いのネクタイは若々しさも演出してくれます。
ただ、諸刃の剣的な側面もあって、下手をすると新入社員のようなあどけない印象になってしまう可能性も。

 

今回のPaul Smithはパッと見はただのドット柄ですが、微妙にドットの色味にトーンがあり、グラデーションになっています。
そのため、タイ全体に立体感が生まれ、品が出ます。

 

ネクタイでとにかく大切なのは、立体感です。
スーツ量販店で売っているような安いネクタイは柄こそ流行を取り入れていますが、差がつくのは柄とか模様よりも絞めた時の立体感。
安物はほんとペラっと胸元に張り付く感じ。とりあえずネクタイをしている、という体裁は保ってくれるものの、どこか貧乏臭いというか、貧相な印象を与えてしまいます。

 

IMG_2049

 

また、Paul Smithらしい「攻めてる裏地」も魅力ですね。
風が強い春にヒラリと裏地が見えた時なんか目を引く事間違いないです。さりげないオシャレってやつですね。

 

ありそうでない桜色。和なPaul Smithとでも言いましょうか(笑)

 

オススメです。

 

 

関連記事

  1. IMG_1259

    お菓子のラッピングのようなポップなPaul Smithのネクタイで遊び心を存分に

  2. altea_cover

    altea 〜 ミラノ・ファブリックの彩美が織りなす美しき”異端”

  3. DSC_7308

    Paul Smithのネクタイはなんだかクセになる。店員も素敵。

  4. IMG_1455

    年末。遂にTie Your Tieに手を出した私。

  5. スクリーンショット 2016-02-24 0.55.27

    Italo Ferretti 〜 至高のイタリアン・ネクタイ。最高の職人業と色彩の融合

  6. IMG_0117

    マリネッラ、追加しました!

  7. bassi502nvy1

    2015年の冬、まず買うべきネクタイは間違いなく〇〇

  8. 10405448_664750676966343_5992497212721443731_n

    Passaggio Cravatteに見るヴィンテージネクタイという芸術

  9. DSC01539

    Atto Vannucci 〜 伊達男の胸元を飾るフィレンツェの美しいネクタイを。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP