Material Romeo

*

ド派手な水玉ネクタイを上手くアクセントにする

      2015/11/28

ネクタイを整理していましたら、何年か前に買ったPaul Smithのネクタイを発掘。

一目惚れして購入したものの、派手過ぎて身につけていなかった一本。。。
どうしてこんな派手なものを買ったのか自分でも謎なのですが、きっと変なテンションにスイッチが入っていたのかも知れません。

でもそれじゃ勿体ないってんで着こなしを考えていたんですが、まず間違いなく言える事はまともに装着したらとんだパーリーピーポーになってしまうという事。ミッキー顔負けのご機嫌野郎になってしまいます。

柄は素敵なんだけど、派手だよなぁ、、、

そんな「付けたいけど付けられない」というジレンマを経験した事はないでしょうか?

私も結構、明るめのネクタイが好きでついつい「何を合わせるか」をあまり考えずに直感で決めてしまって後になってから「暴れ馬すぎて使いこなせない、、ぜ」という問題に直面していました。

そんな悩みの解決方法。

それは、、、

1.柄物シャツをぶつけてネクタイの悪め目立ちを中和する

一番オススメなのは白と黒のギンガムチェックのシャツ。
何故、白黒かというと、どんな色のネクタイも併せ易いから。青や紫、赤のギンガムチェックのシャツもありますが、まずは万能な白黒を1枚持って行くと便利。

2.ベストなどでネクタイの露出面積を狭める

ネクタイが派手ですと、どうしても悪い意味で浮いてしまいます。そこだけ目立ってしまって「孫にも衣装」な状態になってしまうんですよね。

問題は面積です。

いくら派手でもベストなどで首もと以外を隠してしまえば、ちょうどいいアクセントになります。

夏は難しいですが、秋〜春先にかけてのベストを着るのにいい季節にはオススメのやり方です。

 - ネクタイ