注目の記事 PICK UP!

赤い靴を履いたサラリーマン 〜 Pierre Cardin

pierrecardin1

靴ですよ。靴。

私は革靴好きなもんで。
もう、革靴あればご飯3杯いけるクチです。ていうか、靴にご飯よそう勢いです。でも、それだとただの変態なので、しません。

とはいっても、別にジョンロブとかエドワードグリーンを履きこなしているワケでもなく、3万円〜5万円の価格帯をいったりきたりしてる庶民なワケですが。

いつかはジョンロブ履いてみたいなーとは思いますが、やっぱりブランドってのはそれに伴ったものがあってこそなワケで、私の足にジョンロブは早いといいますか。なんかLv.1で間違って「伝説の剣」的なものを手にしてしまった勇者みたいな感じになるので。「あれ!?抜けちゃったよ?え、いいの?選ばれし者にしか抜けないんじゃないの?」みたいな事です。

何十万もする靴を履いた日にはもう気が気じゃない。だって砂利道とか歩くし。駅までの道で。電車で踏まれたらキレると思うし。「おい貴様!ジョンロブやぞ!」みたいな事で、エレガンスよりも己の器の小ささだけを前面に押し出してしまいそうで。

とはいってもですよ。
最近は3万円台でもなかなか秀逸な靴が出回っているようにも思うんですよ。ほとんどセメント製法なのはしょうがないけど、デザイン的には手が込んでいるといいますか。

そんな中、先月から高島屋で紳士靴コーナーを通りかかる度に目に入って来る、一足がありまして。

発色のいい赤。
コロンとした愛らしいフォルム。
素朴なデザイン。

ずいぶんと綺麗で可愛らしい靴があるなぁ、、、と。嫌でも目にはいるその存在感。

手に取ってみると、Pierre Cardin(ピエール・カルダン)。

高島屋ブランドでした。
失礼な話、、、Pierre Cardinというブランドは知っていましたが、なんとゆーか、紳士服売り場に置いてあるオジさんくさい冴えないネクタイを量産してるようなイメージしかなかったんです。

でも、こんな素敵な靴を出したのね。
やるじゃーん。

高島屋ブランド、と書きましたが、正確にはPierre Cardinというフランスのメゾンブランドがあって、日本ではライセンス契約で展開してる。で、そのライセンス事業をやってるPierre Cardin Japanって会社は高島屋と三井物産の資本でやってると。

靴の場合は、大塚製靴がラインセンシーとなって作ってるみたい。

で、気になっていたんですが、「赤じゃなぁ、、派手だしなぁ」と。でも数週間たって、「欲しい」と。履いてやろうじゃないか。赤い靴を。

というワケで週末買ってきました。
ちょうど2万円くらい。値段から考えるといい買物だった、と自分で勝手に思っています。まあ、取引先と会う時は履けないですけど、内勤日に履こうかなと。

値段じゃないんすよ。
愛着なんすよ、靴は。

顔じゃないんすよ。女は。
、、、いや、多少それもね、、、うん。大切な要素といいますか、、、全部じゃないよ?全部じゃないけど。いや、だから違うって。

2万円でも3万円でも、日々の愛情をもって手入れをして成長していく靴はお金で買えない価値があるワケです。pricelessです。

高い靴をどれだけ持っているか、という事よりも自分だけの一足をどれだけ持っているか。それを大切にできる大人でありたい。

はい。良い事言いました。

 

 

ちなみに、私は典型的な日本人足でございまして、まずイタリア製の靴は甲が低過ぎて痛くて履けないし、日本製でもほぼ確実に最初は靴ズレを起こして、おろしてから最初の1週間くらいは、ネズミ取りに足をもってかれた人のような歩き方になります。もしくは、ゴビ砂漠を永遠と歩いてきて足ひきづってる人。そんなヤツみた事ないけど。

がー、しかし。この靴は大丈夫でした。痛くない!もうダッシュできちゃんじゃないの?コレ?というフィット感。やるじゃん。カルダン。

かなり発色のいい赤なのですが、履くにつれて深みが増していきそうです。クリームはSAPHIREのエルメスレッドあたりでいこうかと。

  • コメント: 0

関連記事

  1. IMG_3095

    革靴好きはお台場のLESPACE SHOES de STOCKには絶対には行った方がいい 〜 サント…

  2. IMG_0021

    早く帰宅したから靴でも磨いてみた 〜 安い靴でも磨けばそれなりに見えて愛着も沸いてくる

  3. スクリーンショット 2015-12-15 23.05.32

    イタリア、Sutor Mantellassi(ストール・マンテラッシ)の靴がもはや芸術のレベルでカッ…

  4. ジョンロブの30%は税金。それでも人はジョンをロブりたい。

  5. スクリーンショット 2015-12-22 23.32.32

    マンテラッシに続きフランチェスコベニーニョもAmazonに登場!ますます充実するAmazonの紳士靴…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP