注目の記事 PICK UP!

Paul Smithのネクタイはなんだかクセになる。店員も素敵。

DSC_7308

なんだかんだ言ってポールスミスのネクタイが好き。

大学を卒業して社会人になってから、ポールスミスのネクタイには何度もお世話になっています。ポールスミスはよく「若向け」のブランドの筆頭として紹介されていて、特にネクタイは女性から男性へのプレゼントとしても人気です。よく20代のカレへのプレゼント的な文脈で紹介されてます。

俺、30代ですけど。何か。

私も30代に突入しまして、「もっとダンディなネクタイを使いこなしちゃる!」つって色々と勉強中なワケですが、いざネクタイを買おうと思うとついついポールスミスへ足を運んでしまいます。まあ、30代でも40代でも何歳でも身につけられるブランドではあると思うんですけどね。世間が「20代」つーもんだから、ちょっとした背徳感を覚えてしまうワケです。

スタンダードから攻めてるものまで

ポールスミスのネクタイの魅力は何か?

と聞かれましても私はポールさんでは無いので、100%の自信を持っては答えられませんが、、、個人的な意見としては、デザインの幅が広いという事です。

お店に行った事がある人はご存知だと思いますが、ネクタイがズラーーーっと並んでいて、かなり種類が豊富です。

レジメンタルといった就活生でも使えそうな「ド定番」から「え、これいつ付けるんですか?」みたいな攻めてる系までどんど来いなワケです。

使いやすい定番デザイン

どんなスーツでも合わせられちゃう定番達。この辺のデザインは安心して使えますね。

チョー個人的意見ですが、ポールスミスはパープル系の色使いが凄く綺麗なのでプレゼントで迷ったらとりあえずパープルでいけ、と言いたい。

ちょっと派手で勇気がいるデザイン

ネクタイ単品で見ると凄く綺麗なので、「いいな!」と思う訳です。「いいね!」ボタンがお店にあれば押しちゃうレベル。下の虹色ストライプはポールスミス定番の「マルチストライプ」ですね。一発で「ポールスミスです!」ってのが分かるモデル。どこのブランドか分かり易いものが好きな方にはオススメ。
色も鮮やかでデザインも可愛らしい。でも、コーディネイトが少し難しいですね。白シャツで合わせるのが一番無難ですが、ネクタイだけ浮いてしまうリスクもあるので、どんなシャツと合わせるか考えてから購入する事をオススメします。

ポールスミスって、スーツとか8万円〜くらいなので20代の方ですと、ちょっと構えてしまったりするかも知れませんが、ネクタイは大体1万円くらいなのでご安心を。

もはやいつ装着していいのか分からないレベル

All pictures in this article are sourced from : Paul Smith

もうね。ここがポールスミスの愛すべきとこですよ。

え、何コレ。いつ付けるの?ってゆーか、これを付けた俺は一体どこへいくの?

っていうデザイン。結構あります(笑)。

だってもう、どんなシャツを合わせるとか、どんなスーツに合わせるとかいう次元じゃないじゃん。もう付けるかどうかは「勇気」の問題でしかないじゃん。

もうオシャレの天上人にしか許されない商品ですな。

店に行ったらガンガン聞け

私の経験を踏まえていいますと、ポールスミスの店員さんはどこの店舗も親身に相談にのってくれるし、例えば0101なんかに入ってる他のブランドの店員と比べてコーディネイトの知識が幅広いです。

先ほども少し書きましたが既製品の中ではスーツが結構お高いので、当時20代だった私は結構ビビりながらお店にいったのを覚えています(笑)もう「店員さん話かけないでくれ!」って祈りながら物色してた(笑)

だけど、いざ話をしてみるときちんと対応してくれる。まあ、相手もアパレルの人間なワケですから、客の身なりを見てどれくらいのブランドを身につけてるか分かる訳ですからバカ高いスーツを勧めたりしません。

で、ちょっと素敵だなと思うのが、ポールスミスってネクタイ1本買うだけでもスーツからシャツから何から貸してくれたりする。例えば、私は20代半ばの時に錦糸町の0101の店舗で「結婚式用のネクタイを、、、」なんつってオドオドしてたんですが、

「どんなスーツ着ていかれますか?」

「ご友人として行かれますか?親族ですか?」

「もしご友人でしたら白シャツ以外にも選択肢は広がりますよ。例えば〜」

なんつってスーツからシャツから靴からベルトから店にあるもん貸してくれて、試着させてくれて。で、やっぱ全身ポールスミスだと違うんだなー、なんて惚れ惚れした記憶があります。この辺りの接客はどこの店舗でも同じ感じです(混んでると別だけど)。

あまり悪口は書きたくないけど、TOMORROWから始まるセレクトショップなんかは店舗によっては、白シャツをポンと渡されて「良かったら合わせてみて下さい」で終わり。ちなみにめっちゃ詳しくてめっちゃ親切な店員さんも大勢いらっしゃいます。横浜のみなとみらいの店舗とか。

FIVE FOX系列の「コムサ◯◯」な店は結構終わってる。結婚式だっつってんのにド派手でやたらラメラメしたシャツとか、やたらチャリチャリうるさいネクタイピンとか勧めてきたり。こいつ、結婚式出た事ねんじゃねーのか、っつー店員が多過ぎ。俺はこれからホストクラブに出勤するんですかっつー。まあ、ターゲット世代がかなり若めなので仕方ないのかも知れませんが。。。

私は個人的にネクタイを選んでいる客に対してシャツしか出さない店員は失格だと思います。試着までさせる必要はありませんが、少なくともスーツとシャツの両方を合わせさせてあげるべき。だって、Vゾーンってのはネクタイとシャツとスーツ(もしくはジャケット)で成立するものなんだもん。なのにシャツとの合わせだけ考えて買っちゃうとスーツとの合わせがおかしくてチグハグ、、、なんて事もあるワケです。

その点ではポールスミスは親切すぎるくらいの勢い。
お店にいったら恥ずかしがらずに店員さんの意見を聞きながらシャツやスーツと合わせながら選ぶ事をオススメします。

そんなこんなで、いつまでもポールスミスが好きな私でした。ちゃんちゃん。

関連記事

  1. DSC01587

    【告知】E.Marinella入荷です。

  2. 10849987_803649276366013_576054723383151827_n

    ハンサムになる30代のネクタイブランド - Breuer 〜 正統派かつ都会的なフランスブランド

  3. IMG_1451

    阪急メンズ東京でTie Your Tieのオーダーイベントがあるらしい。うん。やっぱりカッコいい。

  4. IMG_3138

    「ベージュ系のタイ」 x 「 青系シャツ」 = 凛として涼しげ

  5. スクリーンショット 2016-02-24 0.55.27

    Italo Ferretti 〜 至高のイタリアン・ネクタイ。最高の職人業と色彩の融合

  6. DSC01707

    【告知】E. Marinella再入荷です。

  7. IMG_1115

    ド派手な水玉ネクタイを上手くアクセントにする

  8. スクリーンショット 2017-03-22 23.32.17

    知らなかった。FAIRFAXにセッテピエゲがあったとは。

  9. IMG_1455

    年末。遂にTie Your Tieに手を出した私。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP