注目の記事 PICK UP!

立体感のあるスーツ・スタイルを作る。Panasonicからのサラリーマンの新・必需品。

panasonic_steam2

ビジネスマンにとって「見た目」は非常に大切。
第一印象は身だしなみで決まる。

靴は汚れていないか?

シャツはよれていないか?

スーツにシワがついていないか?

匂いはつ?、、、

僕らサラリーマンにとって、「何を着るか?」と同じくらいに、大切なのは「どう着るか」ではないでしょうか?
オーダーメイドで3万円かけて作ったワイシャツも、10万円以上かけてつくったスーツもシワシワなら意味がない。

ただ、正直なところ、シャツのアイロンがけって時間がかかるし面倒。
スーツのシワ取りなんてどうっていいのやら(まさかアイロンをかける訳にはいかないし)。

その解決策がスチーマー。

私は過去にハンディのアイロン(アイロン台を使わない小さいアイロン)や他社の衣類スチーマーを使ってきたけれど、今回のPanasonicのスチーマーはズバ抜けてイイ。

 

panasonic_steam2

スタイルを作る。

 

このスチーマーを使った一番の印象は、アイロンとは別物だなって事でした。
アイロンは「身だしなみを整える」「シワを伸ばす」という事を目的としていますが、このスチーマーのコンセプトはそこにはないのです。

 

「服を美しく整える」「たたずまいを作る」というコンセプト。

 

Panasonicの公式PR動画を見ても、「このスチーマーをアイロンの代わりに使えば、アイロン台もいらなくて時短になります!」という思想ではない事はあきらか。きっちりシワを伸ばすというよりは、やはり服を美しく整えるという事がコンセプトになっているように思います。

 

ワイシャツを例にすると一番わかりやすいと思います。

 

アイロンはとにかくシワを伸ばす事を目的としているので、シワは確かにピシッと伸びる。
反面、シャツを強くプレスするために仕上がりがとても平面的になってしまう。

 

スーツ・スタイルのエレガンスを決めるのは、「立体感」。
しっかりとプレスをされたシワひとつないシャツは「清潔感」は出るが、スタイルに奥行きがなく、オシャレさという点では課題が残ります。
特にイタリアン・スーツのスタイルはどこか余裕を感じさせる優雅な曲線やドレープ感が非常に大切。そのため、強くプレスするアイロンとはあまり相性が良くないとも言えます。

 

対してPanasonicのスチームは、シワを取り去る事はもちろん、フワっと仕上がります。

 

間違っても「お手軽なアイロン」ではない。むしろ、その上をいくものです。
身だしなみを整えるだけではなく、立体感を与えスタイルをつくる、、、それがこのガジェットのコンセプトと言えるのではないでしょうか。

 

スラックスもジャケットもネクタイも。

 

ビジネスマンに、アイロンよりもスチーマーをお勧めしたいのは、アイロンではスーツやジャケット、ネクタイに使えないから。
スーツをプレスする訳にはいかない。ネクタイだってそう。テカテカになり、ペッたんこになってしまいます。

 

スーツについては、量販店の洗えるスーツを除けば、基本的に洗えませんよね。
ブラッシングやファブリーズなどで日々のケアはある程度できるとしても、着る頻度が多いのでどうしても限界があります。クリーニングもしょっちゅうは出せばコストがかさみます。

手入れを怠るとスーツに匂いがつくばかりでなく、体から出た皮脂などが生地を傷めてしまいます。
つまり、スチーマーで定期的にお手入れする事で脱臭はもちろん、生地を長持ちさせる効果も期待できる訳ですね。

 

スチーマーが便利なのはわかったとして、、、では何故Panasonicのスチーマーが一番いいのでしょうか?
そこには圧倒的な性能差があります。

 

圧倒的なスチームがシワを消し去る

 

panasonic_steam

 

私はアイリス・オーヤマのIRS-01というモデルを使っていました。
スチーマーとしても使えますし、アイロンとしても使えるもので、まさにPanasonicのスチーマーに思いっきり競合になる製品です。
ただ、スチーマーとしての機能は、、、、ぶっちゃけ使えたもんじゃないです。

アイリス

何よりもスチームの量が少なすぎて、全然シワが取れない。
結局、アイロン台を引っ張り出すはめになりました。

 

なんというか、スチームを当てても当てても、すぐに乾いてしまうんです。
衣類のシワというのは、髪の寝ぐせと同じで、しっかり伸ばすにはそれなりに水分が必要です。シワが強いほど多くの水分が必要となります。スチームが弱いという事は十分水分を与えられないという事で当然、シワは伸びないんですね。

 

まあ、値段もPanasonicよりはかなり安かったので仕方ないのかもしれませんが、、、

 

そんな経験もあって今回PanasonicのNI-FS540を購入する時も、結局はシャツの手入れをする時はアイロンとして使わないといけないかなーと思いながら購入した。

 

けれど、アイロン台は必要はありませんでした。

 

スチームの量が全然違う。。。

 

PanasonicのNI-FS540は3倍スチームという機能があり、アイリスのスチーマーとは比較にならない程のスチームが出ます。
シャツもスーツもコートも端っこをつまみ、軽く引っ張りながらスチームを当てていくとシワは綺麗に取れます。

 

公式動画からもわかる通り、プロも認める性能。

 

このスチーマーで仕上げたシャツのしなやかさはクセになります。
アイロンで仕上げたパリッとした感じよりも、体にしっくりフィットします。
また、夏に向けて暑くなり汗もかいてくるので、匂い対策としても効果的。
スーツスタイルにこだわる男性にこそ持っていただきたい商品です。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP